スポーツで結果を残したい体づくり福岡市でのパフォーマンスケア

坐骨神経痛は筋肉が原因

腰・股関節
 
坐骨神経痛

坐骨神経痛って存在しないって知っていますか?

そもそも神経痛というのは、お医者さんや医療関係者でも学んでいる「生理学」に反しています。
これは良識あるお医者様がおっしゃっています。

慢性痛は神経ではなく筋肉の痛み

石川県小松市の加茂整形外科医院の加茂先生は、慢性痛は「筋筋膜の痛み」が原因だという「筋筋膜疼痛症候群」を発見されました。
加茂先生のHPにも坐骨神経痛は存在せず、筋肉や筋膜の痛みであるともおっしゃってます。

神経の役割は脳との伝達

神経の働きは、温度や痛みなどを脳に伝えたり、脳から腕や足などに運動指示を伝えるための「電線」に過ぎません。
一般的に言われる神経が圧迫して痛むことはあり得ません。これはお医者様や医療機関の国家資格者も学ぶ「生理学」の常識でもあります。

神経が圧迫したら麻痺になる

生理学では神経は柔らかく、筋肉が圧迫してもスルッと避けられるはずです。
万が一神経が潰れるほど圧迫された場合、起こりうるのは「痛み」ではなく「まひ」です。
つまり、無感覚になったり、手足が動かなくなったりするはずです。

神経痛は痛みを感じているという意味?

神経は身体中をはりめぐらせるものだけではありません。
生理学で「神経」には大脳や視床下部という中枢神経も含まれます。
つまりお医者様が言われる「坐骨神経痛」が坐骨周りの神経の圧迫でなく大脳が坐骨周りの痛みを感じているという意味であれば正しいと思います。
でも、これだけでは原因はどこなのかわかりませんね。

坐骨神経痛って

坐骨周りの筋肉
ちょうどお尻の下部あたりに痛みを感じるのを一般的に坐骨神経痛と言われています。
痛みを感じているのは、お尻の筋肉や太ももの後ろ側「ハムストリングス」あたりです。
ハムストリングスやお尻の筋肉が引っ張られたり、ロックしていることで、血行不良となり、血管拡張のためブラジキニンが分泌し、同時に痛みを脳に伝えます。

根本原因は股関節屈筋群のロック

股関節屈筋群
坐骨神経痛でお悩みのかた、カラダを後ろに反らせると腰やお尻に痛みが出ませんか?
ほとんどの方はお尻の表面でなく、お尻の奥が痛いと感じているのではないでしょうか。
お尻の奥の痛みはお尻ではありません。

基本的に大腰筋や腸骨筋のロックで痛みを発生させています。
大腰筋や腸骨筋がロックしている場合、カラダを後ろに反らせると、痛みや曲がりにくいです。
デスクワークでは長時間座っている状態、中腰で作業している、大腰筋や腸骨筋がロックしやすいケースです。

筋肉ロックは急な負荷、長時間の負荷で起こる

筋肉ロックの仕組み
長時間座って立ち上がる時、中腰で作業後体を起こすとき、腰の筋肉には急激な負荷がかかります。
急激な負荷がかかると、筋繊維の中にある筋紡錘が自分のカラダを守るために「縮め」と筋肉に指示し、筋肉は硬く縮まります。
初めは小さい範囲なので痛みを感じません。日常生活の積み重ねにより、痛みや違和感の自覚症状が出てきます。

参考にデスクワークによる腰痛もご覧ください。

筋肉のロックを解除すれば改善します

これらの筋肉のロックはもんでも引っ張っても改善しません。
なぜなら筋肉自身がカラダを守るために反射的に縮むように筋紡錘という組織が制御しているためです。
筋肉のロックを解除するMSR(筋紡錘テクニック)により筋肉のロックを解除できます。

痛みを繰り返さないために、根本から改善しませんか?
ご予約はWEB予約が便利です。

WEBご予約はこちら

 

お問い合わせ

筋肉と本来のパフォーマンスを取り戻す
 Originalment. 
〜オリジナルメント.〜

<所在地>
〒810-0022
福岡市中央区薬院2-13-33 VIP薬院502
<TEL>
092-791-1415

<営業時間>
月~日曜日 10:00~21:00(不定休)